ビルメインテナンス業者からの 引き合い激増の訳

フォーミュラG-510 1ガロンボトルがビルメンテナンス業者様に何故注目されているかを分析してみました。

(1)原液に対する水の希釈率を変えていくだけで、幅広い使用用途に対応できる。

(2)泡立ちが少なく、泡切れが抜群に良いため節水と時短(清掃に要する時間)に大きく寄与する。

(3)1ガロンボトルの容器が減容容器であり、使用後に折りたたんで家庭用ゴミ(若しくは事業所用の普通ゴミ)として廃棄できるので廃棄コストが少なくてすむ。

(4)容量が1G=約3.8Lということで、現場的にも作業的にも丁度良い。

(5)自然環境に対する負荷がなく、人体に対する安全性が高いためパートさんに安心して使用してもらえる。(手あれの心配がなく、マスクの着用も必要ない。)
この点につきましては、次の様な事をよく耳にいたします。
各種報道機関にてよく報じられています通り、特に3Kと言われるような現場仕事において人手不足が深刻化しております。そのため各清掃の現場でも、高齢者、主婦、学生等々、ケミカル商品に対する知識の薄い素人さんのパート雇用が大半です。そこで、強力酸性、強力アルカリ性の洗剤当を取り扱う際、手袋をせずに作業したために手荒れがひどくなったり、火傷をしたり、密封された空間でマスクをせずに刺激臭を吸引して喘息になったり等々、後々経営サイドともめたり、裁判沙汰になったりとトラブルが続出しております。
係る状況下で、フォーミュラG-510が重宝されている訳です。
国内には、洗浄力の高い洗剤は数多くあるわけですが、フォーミュラG-510のように高洗浄力に加えて自然環境に対する負荷が低く、人体に対する安全性も高く、しかも使用用途が幅広い洗剤となると有りそうで意外ににもなかなかないようであります。