フォーミュラG-510の視覚的特長について

取扱説明書や製品の資料にも詳細に記載しておりますが、
G-510の主成分のトールオイルを製造する季節により、原液の色が暗茶褐色から明緑色の範囲で変わります。
また、粘度も多少変化します。また、トールオイルの脂肪酸が部分的に白濁化して視覚的には異物混入のように見えるときがございます。
しかしながら、品質は全て均一であることは製造元を揚げて保障いたします。
このように、G-510の視覚的特長は、主成分が天然成分「トールオイル 脂肪酸」(松材を原料にクラフトパルプを作る際、副成される樹脂と脂肪酸を主成分とする天然産の油です。)であるが故のものであり四季と同様に変化するということでご理解下さい。