油による土壌汚染浄化に!!

油による土壌汚染とは、重油・グリース等の地面への漏洩による土壌汚染です。地下水中からの分離・分解が困難で、油臭や油膜による不快感、周辺地帯の生態系への影響も深刻に懸念されております。特に降雨の後は地下から油が大量に浮いてくる為大変な状況となり緊急の処置が要求されております。そこで油処理能力の高いフォーミュラG-510が使われています。

浄化作業は、フォーミュラG-510の10倍希釈液を高圧洗浄機で満遍なく散布し、地下に浸透させる事が主となります。半日で5G缶を7缶くらい消費いたします。油による土壌汚染は造成埋立地に最も多いそうです。土木関連事業主さま販売店様におきましてはビッグビジネスが潜在している事となります。